クレジットカードの更新があったのでガス・電気・水道の支払情報を更新

我が家の電気・ガス・水道などの料金支払をしているクレジットカードの有効期限が切れ、新しいカードが届きました。

このまま放って置くと、来月から支払いが滞り、「水道が止まる!」「ガスが止まる!」「電気が止まる!」となりかねないので、カードの支払い情報の更新をすることに。(カード番号は変わらないけど、裏面のセキュリティコードは変わる)

だいたいはネットでできるだろう。と高をくくっていたのですが…少し面倒だったのでメモっておきます。(ちなみに住まいは東京です)

ガス代支払いのクレカ情報更新!

下記のページから更新できました。
検針票を用意して、自分の「お客様番号」をちゃんと控えておけば、問題なく変更可能です。

東京ガス : ガス料金/クレジットカード払いのお申し込み

電気代支払いのクレカ情報更新!!

「でんき家計簿」に登録していたので割とすぐ更新できました。
まだ登録していない方は、これを機に登録をしておくと便利ですよ!
ネットで毎月の料金の比較なども可能です。

でんき家計簿

水道代支払いのクレカ情報更新!!?

ここまではすんなりできたのですが、詰まったのが水道のカード情報更新…。
ネットでやれるみたいですが、少し手間取りました。

東京水道マイネット|東京都水道局

上記リンクページに行くと、どうやら会員登録すればネットから変更可能な模様。
さっそく会員登録するとIDはすぐ発行、パスワードは…

「サービスをご利用になるためのパスワードは、ハガキにてお客さまの料金請求先へ郵送いたします。」
とのこと…。

このネット時代にそれはないよ…。

ということで1週間待つ…。

するとはがきが届きました!

登録時メールにあったIDと、はがきのパスワードでログイン!
はがきとは別のパスワードを新規登録します。

カード情報を入力して、更新完了。

意外に面倒でしたし、時間もかかったので、これから同様のことをする方は、早めにやっておいたほうがいいかもしれませんね。

戒名は高すぎる!自分で作ってしまおう!

前回の記事で、戒名の構成や相場についてまとめました。

戒名っていくらかかるの?そもそも何なの?

調べてみてわかったのは、「戒名は高い!」ということ。また、意外に命名ルールは単純で、誰にでもつけられそうだということでした。

事実、パソコンで戒名をつける無料ソフトまであるようです。

また、お坊さん用だと思われるソフトも販売されています。

もちろん、すべてのお坊さんがソフトで名前を選んで、ということではないんでしょうが…。こうなってくると、戒名をいただくことのありがたみも薄れてきてしまう…。

というわけで、今回は自分で戒名を作る場合の注意点などについてまとめたいと思います。

戒名作成の前に

まず、すでに入る予定のお墓があるかのチェックを行いましょう。そちらのお墓がお寺の墓地である場合、自作戒名では受け入れてもらえない可能性もあります。そうした場合は、まずはお寺に相談したほうが良いでしょう。

また、戒名をつけるにあたり、指標として三撰三除の法則(さんせんさんじょのほうそく)というものがあるそうです。

三撰三除の法則
【三撰】
1.意味のある熟語やよい語源をもつ字を使う
2.音感にも注意し、響きの良いものになるように組み合わせる
3.年齢にふさわしい語句・字を使う
【三除】
1.むやみに難しい字は使わない
2.意味がわからない字は使わない
3.悪い意味を持つ字は避ける

戒名作成の順番

戒名作成にあたっては、全体のバランスや漢字の重複を避けるため、①戒名②道号③位号(④院号)の順につくります。

①戒名

「名前の一文字」+「清字(仏教の理念や信仰を表す文字)」

で考えます。順序は逆でも可。

清字の例
安、英、恵、温、賢、義、志、秀、純、俊、真、清、信、浄、仁、静、誠、聖、善、泰、達、智、忠、徹、哲、満、勇、陽、和、才、弘、願、愛、威、休、久、因、維、皆、栄、楽、堪、寛、歓、勝、承、全、禅、想、晴、操、性、証、貞、広、堅、敬、環、縁、応、恩、仏、淵、美、超、不、幽、累、倫、力、和、廉、雄、資、昭、功、固、在、尽、充、柔、親、説、探、常、生、寧
…など。

②道号

「年齢・性別に応じた一文字」+「実字(自然物等に関わる一文字)」

で考えます。

壮年の男性なら「威、覚、鑑、義、賢、憲、玄、厳、豪、隆」など。
壮年の女性なら「香、好、孝、彩、室、貞、妙、美、豊、麗」など。

実字の例
天、空、日、月、雲、光、風、燈、春、夏、秋、冬、水、川、雪、虹、嶺、峰、淵、岳、岩、泉、丘、松、竹、梅、蓮、菊、桂、庭、華、香、珠、玉、龍、鶴、亀、鷹、仙、翁、宝、道、鑑、帆、舟、窓、陰、陽、海、林、関、国、伯、文、星、田、池、頂
…など。

③位号

男性であれば、「居士・信士」、女性であれば「大姉・信女」のうちどちらかを選択すれば良いでしょう。

戒名に使ってはいけない漢字

絶対にダメというわけではありませんが、あまり使わない方がいい漢字があるので、いくつか紹介いたします。

使わない方がいい漢字の例
損、害、死、腐、負、失、醜
…など。

おわりに

簡単ではありますが、この記事を読めばみなさんも戒名をつくれるようになったかと思います。

僕は、そうですね…

電脳院威星天聖大居士とかにしましょうかね!!!

 

戒名っていくらかかるの?そもそも何なの?

先日、親戚が亡くなり、葬儀などを行ったのですが、その中でふと気になったのが戒名。

「死んだらお坊さんに戒名をつけてもらう」「ランクによって費用が変わる」「位牌には戒名を書く」。その程度の認識だったのですが、これを機に色々と調べてみました。

戒名とは?

戒名は仏弟子になった証

戒名はよんで字のごとく「戒めの名」であり、戒名を持つというのは、「仏教徒として守るべき戒めを受けました」という証です。

なので、本来の戒名は生きているうちに、出家した際につけられるものでした。よく聞く、「空海」や「日蓮」あの「一休」も、実は戒名だったりします。また、一度つけたら変えられないということもなく、昔の僧侶などは、生きているうちに何度か戒名を改名していたりもしていました。

では、亡くなったあとにつけられる戒名って何なの?

現在では多くの人が、死後に戒名をつけられますが、それについては、死後の世界での極楽往生のためにつけられます。仏教徒としてあの世へ行けば、地獄ではなく極楽に行けるし救われるという考えのもとに、戒名をつけるという習わしがあるんですね。

戒名の構成

では、戒名とは、具体的にはどのような構成となっているのでしょうか。基本的は、院号・道号・法号(戒名)・位号の4つで構成されています。※宗派によって多少の違いがあります。

院号

院号には、基本的にはその人の人となりを示す漢字や、亡くなったときの状況などを織り込んだ漢字を使用し、その人の一生を表すことが多いです。生前の仕事、業績、性格などを表す二文字で形成されます。ただし、これは必ずしもつける必要はありません

道号

道号には、趣味や特技、性格、業績などの本人を表す字を一文字使い、戒名とのバランスを取ってつけられます。大抵の場合は、年齢・性別に応じた一文字と、自然物等に関わる一文字を組み合わせた二文字でつけられます。

法号(戒名)

本来的な戒名とは、この部分を言います。通常は俗字(生前の名前)から一文字と、清字と呼ばれる仏教の理念や振興を表す抽象的な一文字を組み合わせて二文字でつけられます。

位号

位号は、過去に戒名で身分を表していた時代の名残で、このランクによってお布施の金額が変わってきたりもしますが、実は宗教的には大きな意味があるわけではないそうです。亡くなったのが高齢であればあるほどランクの高いものをつけるという傾向があるようですが、基本的には、先祖代々の戒名との釣り合いを考えてつけられます。

戒名の価格・相場

本来、「価格」という言葉を用いるべきではありませんが、宗教感が希薄になっている我が国の現状を鑑みて、あえてこの言葉を使わせていただいております。

信士・信女
30~50万円
居士・大姉
50~80万円
院信士・院信女
70万円~
院居士・院大姉
100万円~

いくつかのサイトや本を見ると、上記のような金額が大体の相場のようです。

ちょっと…名前つけるだけでこれは…高いと思ってしまいますね…。どうしても。