こたつの天板をDIYしてオシャレにしよう!

冬といえばこたつ!最強の防寒器具のひとつ!こたつのないお正月なんてお正月じゃない!!くらいにこたつさんにはお世話になっております。

うちにももちろん、10年ものくらいのこたつさんがいらっしゃいます。

もう10年も使っていると、やはり天板が傷んできてしまったり、汚れが取れなくなってきます。カッティングシートでまるまる包んで、上から補修することも考えたが、せっかくだから「ナチュラルな感じのおしゃれ感を演出してみよう」と思い、DIYをすることに。

使ったもの・用意したもの

予めもとのこたつ天板のサイズを測ると75cm×75cmだったので、用意した材料はこれ。

  • MDF板 750mm × 750mm 1枚(850円くらい)
  • 桐集成材 750mm × 150mm 5枚(1枚480円くらい)
  • ボンド
  • ビス
  • 塗料(うちに余っていたオスモカラー

塗料を除いて、合計3,500円くらいですかね。

作り方

MDF板にボンドで板をキレイにくっつける!以上!

ちょっとしたポイントとしては、板と板の隙間にもボンドしておくことと、多少MDF板からはみ出しても気にしない(あとで直せるので)ことくらいでしょうか。簡単です。

で、ボンドを終えた様子。

念の為、裏側からビスで補強しました。(ボンドだけでも十分強度はあったので必要なかったかもしれない…。面倒な方は省いてもいい工程です。)

ボンドが乾いたら、ヤスリがけです。

「DIYを制す者はヤスリがけを制す」とお師匠様も言っておりました。

やりだすとキリがないので、予め妥協点を見つけてやるのがコツです。
板と板の段差がどうしてもできてしまうので、そこを均したり、MDFからはみ出た部分を均したりするまでできれば充分でしょう。

ヤスリがけが終わったら、よく粉を落としてから塗装!
MDF板は塗料を吸いやすいので、今回は塗りません。塗ったところで、基本見えない部分なので、気にしなくていいかと思います。

ベランダで塗ってます。(大家さんごめんなさい。)

塗り終えるとこんな感じ。木目がいい感じに出てきてかっこいい!!

この状態で、塗料が乾ききるまで放置します。24時間は最低でも置いたほうがいいです。ちなみに今回は3日ほど放置しました。(忘れていたわけではない)

完成!

完成して、こたつに載せてみたのがこちら。
写真ではわかりにくいかもですが、本当に温かみがあっていい感じ!

料理とか置いてみても3割増しくらいで美味しそうに見えます。インスタ映えもするんじゃないでしょうか。

みなさんもぜひ!お試しあれ!!

カテゴリーDIY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA