戒名っていくらかかるの?そもそも何なの?

先日、親戚が亡くなり、葬儀などを行ったのですが、その中でふと気になったのが戒名。

「死んだらお坊さんに戒名をつけてもらう」「ランクによって費用が変わる」「位牌には戒名を書く」。その程度の認識だったのですが、これを機に色々と調べてみました。

戒名とは?

戒名は仏弟子になった証

戒名はよんで字のごとく「戒めの名」であり、戒名を持つというのは、「仏教徒として守るべき戒めを受けました」という証です。

なので、本来の戒名は生きているうちに、出家した際につけられるものでした。よく聞く、「空海」や「日蓮」あの「一休」も、実は戒名だったりします。また、一度つけたら変えられないということもなく、昔の僧侶などは、生きているうちに何度か戒名を改名していたりもしていました。

では、亡くなったあとにつけられる戒名って何なの?

現在では多くの人が、死後に戒名をつけられますが、それについては、死後の世界での極楽往生のためにつけられます。仏教徒としてあの世へ行けば、地獄ではなく極楽に行けるし救われるという考えのもとに、戒名をつけるという習わしがあるんですね。

戒名の構成

では、戒名とは、具体的にはどのような構成となっているのでしょうか。基本的は、院号・道号・法号(戒名)・位号の4つで構成されています。※宗派によって多少の違いがあります。

院号

院号には、基本的にはその人の人となりを示す漢字や、亡くなったときの状況などを織り込んだ漢字を使用し、その人の一生を表すことが多いです。生前の仕事、業績、性格などを表す二文字で形成されます。ただし、これは必ずしもつける必要はありません

道号

道号には、趣味や特技、性格、業績などの本人を表す字を一文字使い、戒名とのバランスを取ってつけられます。大抵の場合は、年齢・性別に応じた一文字と、自然物等に関わる一文字を組み合わせた二文字でつけられます。

法号(戒名)

本来的な戒名とは、この部分を言います。通常は俗字(生前の名前)から一文字と、清字と呼ばれる仏教の理念や振興を表す抽象的な一文字を組み合わせて二文字でつけられます。

位号

位号は、過去に戒名で身分を表していた時代の名残で、このランクによってお布施の金額が変わってきたりもしますが、実は宗教的には大きな意味があるわけではないそうです。亡くなったのが高齢であればあるほどランクの高いものをつけるという傾向があるようですが、基本的には、先祖代々の戒名との釣り合いを考えてつけられます。

戒名の価格・相場

本来、「価格」という言葉を用いるべきではありませんが、宗教感が希薄になっている我が国の現状を鑑みて、あえてこの言葉を使わせていただいております。

信士・信女
30~50万円
居士・大姉
50~80万円
院信士・院信女
70万円~
院居士・院大姉
100万円~

いくつかのサイトや本を見ると、上記のような金額が大体の相場のようです。

ちょっと…名前つけるだけでこれは…高いと思ってしまいますね…。どうしても。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA